上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
この人の書く物語を解説するのは難しい。

頭の中を通過する、とりとめのない疑問や
発想や思考の中から、ひとつ焦点を
しぼってエッセイにするひとは多くいる
けれど
このひとはそれを小説にしてしまう。
流れていく思考の、ある一点から別の一点
までを切り出して。そんな風に思える。

だからなんというか、応戦はできないから
委ねる、という読み方になる。
それで、好きだなと思ったのがこの物語。

ゾウリムシの進化の研究をする主人公で
あるわたしは、実験対象についての
あらゆる議論をはじめる。
遺伝子は変異を繰り返す。種とは何か。
輪廻とは。魂の数は保存されるのか、
魂や生き甲斐は宇宙と一緒に湧いて
出てきたのか…

議論はつかみどころのない旋律のように
方々を彷徨う。

そしてわたしは、実験の中で死ぬ間際に
緑色に光る遺伝子を導入する。
その変異体にgedatsuと名付けてみる。
するとさらなる変異体が現れ、
死に際の発光を定期的に繰り返していく
ものが出てくる。

蛍のように淡く緑色に光る発光体。
それを眺めるふたり。

クールに、学会の質疑応答のように
進んでいく物語が行き着くのは、
生命そのものが持つ艶かしさ。

捧ぐ緑というタイトルが、
最後にぐっと効いてきます。



バナナ剥きには最適の日々バナナ剥きには最適の日々
(2012/04/06)
円城 塔

商品詳細を見る
 
スポンサーサイト
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
飛行中の大型旅客機のなかでは
着想が身体を離れて浮遊する。

それを銀線細工の捕虫網で
捕まえることが私の仕事です。

そう話す、資産家エイブラムス氏の
事業のひとつに
希代の他言語作家、友幸友幸が世界中で
書き残した膨大な物語の収集があります。

友幸氏をめぐって綴られるこの物語、
語り手はくるくると変わります。

機内でエイブラムス氏と乗り合わせた私
「猫の下で読むに限る」の翻訳者
遠い異国でフェズ刺繍を習う流浪の人物
友幸氏の捜索を担うエージェント
エイプラムス記念館の手芸を読める女
鱗翅目研究者の老人
そして独特な羽の模様を持つ蝶。

様々な言語が錯綜する中、
時折呪文のように現れては消える言葉。
流れが尾を噛み輪になれば、
それはもう流れではなくなる…

架空の物語と現実と幻想が
編み目模様に繋がっていきます。
視点がかわっては、近づき、遠ざかる。
男が女になり、腕が3本になる…

とらえどころのない、幾何学的な模様を
した異国の刺繍をみているようです。
縫い上がりそうになっては解かれる、
また別のところから緻密か模様が始まる。

つかもうとしてもするりと逃げられて
読めば読むほどわからなくなる。
そのうちに蝶の思惑どおり、
意識まで預けてしまった。

私は未だに、道化師の蝶から
自分を取り返せずにいるのです。



道化師の蝶道化師の蝶
(2012/09/28)
円城 塔

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 涼虫の読書案内, all rights reserved.

涼虫(すずむし)

Author:涼虫(すずむし)

本の虫、涼虫が読書案内いたします。

本がお好きな方、読みたい本を探している
方のお役にたてると嬉しいです。
ときどき自由に書いてしまうことも
ありますが、どうぞおつきあいください。
リンクについてはご一報いただけると
幸いです。また、すべての画像、文章、
データの複製・転載をお断りいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

\ランキングに参加しています/

あ行の作家 (62)
明川哲也 (1)
朝倉かすみ (1)
安部公房 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石田千 (1)
伊藤たかみ (1)
絲山秋子 (9)
井上荒野 (9)
茨木のり子 (1)
江國香織 (14)
円城塔 (2)
小川洋子 (5)
小山田浩子 (5)
恩田陸 (7)
か行の作家 (35)
角田光代 (7)
金原ひとみ (1)
川上弘美 (14)
川上未映子 (5)
岸本佐知子 (2)
北村薫 (1)
木村紅美 (1)
窪美澄 (1)
栗田有起 (1)
小池昌代 (2)
さ行の作家 (11)
斎藤隆介 (1)
桜庭一樹 (5)
柴崎友香 (1)
島田雅彦 (2)
島本理生 (2)
白石一文 (3)
瀬戸内寂聴 (1)
た行の作家 (4)
谷川俊太郎 (2)
津村記久子 (2)
な行の作家 (18)
中上健次 (1)
中島らも (1)
中村文則 (2)
長嶋有 (8)
梨木香歩 (6)
西加奈子 (3)
能町みね子 (2)
は行の作家 (14)
林真理子 (1)
東直子 (3)
東野圭吾 (1)
平野啓一郎 (1)
藤野可織 (4)
辺見庸 (1)
穂村弘 (2)
堀江敏幸 (1)
ま行の作家 (57)
益田ミリ (1)
枡野浩一 (1)
町田康 (4)
三浦しをん (6)
みうらじゅん (1)
宮本輝 (2)
村上春樹 (30)
村上龍 (8)
本谷有希子 (1)
森絵都 (2)
森博嗣 (1)
や行の作家 (23)
山田詠美 (2)
山崎ナオコーラ (1)
山本文緒 (1)
吉田篤弘 (1)
柳美里 (1)
吉田修一 (1)
よしもとばなな (16)
未分類 (10)
ビジネス書 (20)
エッセイ・コラム (22)
コミック (7)
雑誌 (4)
涼虫の… (69)
コトノハ・リサーチ (36)
気分で、短編。 (19)
書店をめぐる (14)
読書について (50)
深海で待ち合わせ (5)
徒然 (128)
虹を渡る (17)
活字にしたい映画 (1)
スターバックスにて (12)
箱のなか★ (9)

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。