上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
梨木果歩が書くものには植物が多く登場するけれど
この作品はちょっと違います。

人と同じくらいの生気を放って生きている。

百日紅が人間に恋をしたりするのだから。

ここにはごく短い短編がつまっています。

亡くなった友人の家の、家守をする主人公、
時折彼岸から訪れる友人。
庭の木々や盆栽。
河童、人魚、子鬼といった物の怪たち。

日常にさり気なくまぎれこむ、奇妙な出来事が
流麗に描かれています。

もし、なにか本当に美しいものを
手元に置きたいと思うなら
この本は、おすすめです。


家守綺譚家守綺譚
(2004/01)
梨木 香歩

商品詳細を見る
 
スポンサーサイト
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
知らず知らずのうちに
ひとは自分の一番心地よい距離で
他人と関わるものなんだろうな、
と思います。

近すぎてもだめ、
遠すぎても違う。

アンティークショップで店番をする僕、
そのオーナー、大家さんの孫姉妹、
ご近所さん。

物語にでてくる人々は
素直になれなかったり、
傷を抱えていたりで
みんなこわごわです。

でも、日々の暮らしの中で、
少しずつ、関わりをもっていきます。

ストーブを届けてもらったり、
近道を教えてもらったり
誰かが誰かを手伝ったり。

太く真正面からつきあう感じじゃないから
頼りなく細いつながりです。

でも、それがだんだん確かものになっていきます。

低体温だけれど、
確かにぬくもりはある。

そんな作品です。


夕子ちゃんの近道 (講談社文庫)夕子ちゃんの近道 (講談社文庫)
(2009/04/15)
長嶋 有

商品詳細を見る


 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
絵は音楽に似ている。
言葉は、あまり似ていない。

個人的な意見です。

昨日、
アメリカでも活躍されているイラストレーター、
伊藤マーティ氏主催の
スケッチクロールという企画に
参加してきました。

スケッチでクロール!
ネーミングに心をぎゅうっとつかまれたのです。

三時間くらいかけて、移動しながら
何枚か絵をかいていきます。


涼虫読書キャンバス


うーん…
イメージしたように描けない。

できません~と訴えると
プロのワンポイントレッスン。

真ん中を中心に置かない。
描きすぎない。

なるほど。

文章も一緒だな、と思いました。
余白が、行間が、世界を構築する。

頭ではわかったけれど、難しい。

結局、ここに載せられる作品はできず。。


涼虫読書スケッチ


ひだまりの中で
マーティ氏が、描いた石畳に
淡いグレイをそっとのせていくのを
みていました。

彼の絵からは、
音楽が聴こえた気がしました。


SketchCrawl April 21,2012


 
テーマ * ブログ ジャンル * ブログ

 

 

 

 
赤い、という言葉に
続く言葉を連想してみる。

林檎、傘、唇、自転車、涙…涙?

みんなはどうなのかな?

そこで早速、
オトナ会(知的トークしばりで日本酒を飲む会)の
メンバーと、
友人ふたりにリサーチしてみました。

お題は三つ。

甘い、恋の、最高の

甘い…
ケーキ(2票)、記憶、時間、初恋、口づけ

恋の…
予感(3票)、雨、かけひき、バカンス

最高の…
瞬間(2票)、思い出、おもてなし、笑顔

ここでわかったのは
思考が文系か理系で別れるということ。

文系チームは、
お題を比喩で表現することが多い。
理系チームはストレート。

それと、
男性のほうがロマンチックな回答。

ちなみに私の答えは…

甘い記憶
恋の雨
最高の瞬間

恋の雨って、
きっと土砂降りですよね。

 
テーマ * ブログ ジャンル * ブログ

 

 

 

 
前回の、できた編の続きです。

こんどは「できなかった」でリサーチ。

〜できなかった、は、
どのくらいできなかったら使う言葉か?
自分の中でどれくらいの遂行率なのか?

あんまり(できなかった)25〜30%
思ったより(できなかった)35〜55%
それほど(できなかった)30〜60%
ほとんど(できなかった)5〜30%
全然(できなかった)2〜20%


涼虫読書できなかった編


全然できない、で
20%をたたきだした女子に
インタビューすると、
やってみて全然できないということって、
あまりないから
とのこと。

なるほど。

わりと楽観的なひとは、
できたグラフもできなかったグラフも
高めで推移。

自己評価が厳しい人は、どちらも低めで推移。

ちなみに私は、
できたとできないとの振り幅が激しかったです。
何系?

感覚って人それぞれですね。面白い。
 
テーマ * ブログ ジャンル * ブログ

 

 

 

 
身近にいる24歳男子に
どれくらいできた?と訪ねたときに
ほほほぼ、と答えが返ってきました。

「ほぼほぼできた」の遂行率は
何パーセントなのか?

ふと疑問に思い、このリサーチを思いつきました。

身近にいる世代も性別もバラバラの9人に
調査してみました。

まあまあ(できた):60〜80%
だいたい(できた):70〜85%
ほとんど(できた):90〜97%
ほぼ(できた)  :85〜98%
ほぼほぼ(できた):80%


IMG_2503.jpg


ちなみに「ほぼほぼ」は、24歳男子より
上の世代はほとんど使っていませんでした。

平均点を押し下げているひとがひとり。
理由を聞くと
「できた」ってあまりひとにいわない
とのこと。

この言葉、性格が出るのでは?
自分に甘いか厳しいか
0か100かタイプと、
グレーゾーンタイプによって
分布図が違うのでは?

ということで、できなかった編に続きます。
 
テーマ * ブログ ジャンル * ブログ

 

 

 

 
いつの頃からか
文字や文章から、
イメージが浮き立って
見えてくるようになりました。

頭の中で上映されている映像は、
自由です。
それが活字の魅力だと思っています。

逆に映像や絵でみるなら
説明は少ないのが好きです。

全部与えないでください。

イメージしたいのです。


IMG_0809.jpg 
テーマ * ブログ ジャンル * ブログ

 

 

 

 
たったひとりに、
たった一晩だけ貸すことが許された
幻の本、「三月は深き紅の淵を」。

四話、それぞれが独立したミステリーなのですが
本だけが共通して登場します。

遠くに連れて行かれそう。
でも、抗えない・・・
現実からずれた異空間に入ってしまうような感じ。

恩田陸はシリーズとして読む楽しみがあり、
他の物語に続く登場人物が出てくるのが面白い。

個人的には
二話目の
出雲を旅する章が特に好きです。


三月は深き紅の淵を (講談社文庫)三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
(2001/07/13)
恩田 陸

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
小椋冬美は、絵が甘くない。

曲線がやわらかくて、大人のイメージです。

短い作品がいくつか入った短編集なのですが
人々の、切り取られた日常が
コラージュされていて
全体を通すと
夢を見ていたような感じがするのです。

洗練された、センスを感じる一冊です。


夢の人たち (YOUNG YOUコミックス)夢の人たち (YOUNG YOUコミックス)
(1990/07)
小椋 冬美

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
恋愛的瞬間。

恋愛でもなくて、その瞬間。
フレーズが、すごくいい。

大学で心理学を教え、クリニックを持つ先生と、
その周りの学生やクライアントの恋愛模様が
描かれています。

みんなそれぞれ、ひどく屈折してたり、
コンプレックスを抱えて
大変な思いをしてるんです。

でも、透明度が高くて。

先生が、心の絡まった糸をほどいてくれるのですが
心理学の観点からみる恋愛というのも
面白い。

普通の恋愛ものとは一線を画す
独特な魅力のある作品です。


恋愛的瞬間 (1) (小学館文庫)恋愛的瞬間 (1) (小学館文庫)
(2002/01)
吉野 朔実

商品詳細を見る



恋愛的瞬間 (2) (小学館文庫)恋愛的瞬間 (2) (小学館文庫)
(2002/01)
吉野 朔実

商品詳細を見る



恋愛的瞬間 (3) (小学館文庫)恋愛的瞬間 (3) (小学館文庫)
(2002/02)
吉野 朔実

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
この夢をあきらめるのに必要な「あと一年」を過ごし始める

たしか野中柊のエッセイで、
この歌がとりあげられていました。

どきっとしました。
まるで自分のことをいわれているかのようだったので。

彼は
傷をきれいなものみたいにしたり、
ごまかしたりしない

そのままでいいと彼は歌う。

ずっと誰かに
そう言ってほしかったのかもしれない

傷を癒したい夜に、おすすめの一冊です。


57577―Go city,go city,city! (角川文庫)57577―Go city,go city,city! (角川文庫)
(2003/02)
枡野 浩一

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
穂村弘は、いびつな心を持っていると思う。

いびつというのは、
整地されていないイメージ。
ピュアだということ。
痛々しいくらいに。

たった31文字が世界を構築する。

くっきりと情景が浮き立ってみえるのです。
3Gで。

特に好きな歌を引用します。

歯ブラシの群れに混ざって立っているコップのなかの貴方と私

どうでしょう?

彼の作品は、
取扱注意の、オブジェのよう。

言葉のアートだ、と
いつも思うのです。


ラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshiラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshi
(2003/05)
穂村 弘

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
ひとは感情で動く。

知っていたようで、
ちゃんとは知らなかった気がします。

この本の中には、
自分の感情の、
意味付けを変える方法が
わかりやすく書かれています。

筋肉の動きなどと一緒で
ひとにはそれぞれ、
こういう状況になると、
こういう感情になる、
というパターンがあります。

そこを俯瞰して、
イメージを書き換えるのだそうです。

中でもどきっとしたのがこれ。

続けたい行動パターンと、
やめたい行動パターンがあると
とします。
点で見ると、
あまり差はないように感じます。
でも、それをしつづける時間を掛け合わせると
二つの間は驚くほど差が出てくのです。

いま、どうするか。

一見、ポップなレイアウトで、
オシャレな本。

でも、
さらっと読むにはもったいない。

誰も教えてくれないことが
たくさん書かれています。


動きたくて眠れなくなる。 (Sanctuary books)動きたくて眠れなくなる。 (Sanctuary books)
(2012/04/10)
池田貴将

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
もう一度パン屋を襲うのよ、
それも今すぐにね。

オッシャレ!と思うのは
きっと私だけではないはずです。

この短編集は、
村上春樹の初期のものです。

世の中の不条理を
クールかつ、ポップに描いています。

のちに、大きな小説につながる
ねじまき鳥と火曜日の女たち、も入っています。
独特の空気感です。

個人的には
ファミリーアフェア、が好きです。

ろくでもない兄、しっかりした妹、
妹のちょっと得体の知れない婚約者。

読みながらかならず、
スライアンドザファミリーストーンの
ファミリーアフェアが頭の中を流れます。


パン屋再襲撃 (文春文庫)パン屋再襲撃 (文春文庫)
(1989/04/10)
村上 春樹

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
誰かに、
何かを強く言い切ってほしい。

そう思うときにぴったりなのが
村上龍のエッセイです。

61の短い章の中には、
どきどきする言葉がたくさんつまっています。

背筋がぴーんとのびたり
叱られたような気持ちになったり
世界がどこまでも広がるような感じがしたり。

一部引用すると・・


リラックスして、かつ集中して仕事ができるひとは
実はオンとオフの区別がない。

読書が重要なのではない、
情報に飢えるということが重要なのだ。

仕事とプライベートにおけるその人の優先順位が、
その人の人生なのだ。


タイトルの理由も、ちゃんと書かれています。


無趣味のすすめ 拡大決定版 (幻冬舎文庫)無趣味のすすめ 拡大決定版 (幻冬舎文庫)
(2011/04/12)
村上 龍

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
きらきらひかる。

どんなふうに?

まず、突飛な三角関係に驚きます。

情緒不安定でアルコール依存症の妻、笑子
夫はゲイの医師、睦月
その恋人である大学生の青年、紺

ごっこみたいな新婚生活に、
夫の恋人がまざりこんでくることで
物語は色彩を帯びて展開しはじめます。

もちろん3人がかかわることで
いろんな事件がおきる。

でも、真正面から傷ついていくんです。
このひとたちは。
上手に回避したりしない。

ただ相手のことが好きなだけなんです。

その姿があまりにも澄んでいて、痛いほどで
星がまたたいているようなのです。

紺が、
昔、睦月に告白をするシーンは
胸を打ちます。

あたたかい、愛情の物語です。


きらきらひかる (新潮文庫)きらきらひかる (新潮文庫)
(1994/05)
江國 香織

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
同じ仕事をしばらく続けていると
働くということを
外側から見られなくなってきませんか?

この本は、
マルチタスクで活躍している
コンサルタントの本田直之と、
プロデューサーのおちまさとの
共著です。

一部引用しますと…

収入源がひとつだけというのは
ひとつの取引先しか持っていない
会社と同じ。

仕事も住む場所も
ひとつじゃなくていい。

自分戦略をつくる

副業ではなく複業。
それを、ひとりコングロマリットと
この中では呼んでいます。

初級編、中級編、上級編、
と三つの章から構成されており
今日からでもできることから
書かれています。

自分を、これからどうしていきたいか?
どんな風に働き、生きていきたいか?

そう思うたくさんのひとの
教科書になる一冊だと思います。


25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~
(2012/01/25)
おち まさと、本田 直之 他

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
音でいうなら
この本はAMラジオのようです。

音楽だけだとちょっとさみしい、
人の声がききたい
でも、あまり洗練されたのって気分じゃない

そんなときにいいのです。

ここには著者の、一年間が綴られています。
ほとんどが、日常のこと。
誰にあった、何を食べた、家族がこうで、犬がこうで。
思想的なことがでてくるのはまれ。

不思議なことに、読んでいくうちに
知らないひとたちが、
知り合いのような気がしてくる。
街並が、自分が歩いた場所のように錯覚する。

そのうちに、ゆっくりと
固くなった心がほどけていくのです。

このシリーズは何作も出ていますが
続けて読んでいくと
著者のご子息、チビくんの成長日記という風にも読めます。
これもまた楽しい。

ちょっと疲れてるな、と感じたときに
おすすめの一冊です。


もりだくさんすぎ―yoshimotobanana.com 2010 (新潮文庫)もりだくさんすぎ―yoshimotobanana.com 2010 (新潮文庫)
(2011/03)
よしもと ばなな

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
アートディレクター、佐藤可士和氏の
洗練された整理法について書かれています。

構成は、
「空間の整理」「情報の整理」「思考の整理」
の3つです。

空間の整理、の章で
驚いたのが著者のオフィスの写真。
まったく物が出ていません。

机の上には、作業するもの以外は置かない
物の定位置をきめる
というのが大事だそうです。

情報の整理では、
本質を見るには俯瞰すること、
思い込みを捨てること
と書かれています。

最後の、思考の整理では
言語化するのが大事、とあります。
輪郭を把握し、仮説をたて、検証する。

自分では工夫して整理しているつもりでしたが
もっともっと手を入れれば、整然とできるはずだ
と思わせられました。

この本に書かれていることを実践してから
頭の中のメモリが増えたような気がしました。
作業効率もあがったように感じています。

役に立つ一冊だと思います。きっと。


佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)
(2011/04/09)
佐藤 可士和

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
大前研一が書く世界はクリアです。

境界線がうすぼんやりしている
日本に対して警告し続けています。

これからの人たちには
英語、ファイナンス、IT
この三種の神器をピカピカに
磨いておく必要があり、
付け加えるならリーダーシップだといいます。

繰り返し出てくるのは
目覚めた個人になること
という言葉。

21世紀のリーダーに必要な
資質と能力、を引用すると

1.方向を示す
2.程度と方法を示す
3.具体的にやってみせる
4.できる人間を連れてくる

4が特に重要らしいです。

地球に還元する
個人としての行為をしているか?

突然、すべてを受け取るには
スケールが大きすぎるかもしれない。

でも、考え方を身につけるには
とてもよい一冊だと思います。


新版「知の衰退」からいかに脱出するか?―そうだ!僕はユニークな生き方をしよう!! (光文社知恵の森文庫)新版「知の衰退」からいかに脱出するか?―そうだ!僕はユニークな生き方をしよう!! (光文社知恵の森文庫)
(2011/02/09)
大前 研一

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
コーヒーが美味しい、
シックなカフェ、NADAを営む夫婦。

ここには、
一癖ある大人たちが日々集います。

店主である夫と妻、
妻と若い常連の青年、
元常連の女と店主。

それをとりまく人々。

登場人物たちが抱えている感情は
複雑に絡まって
解けなくなってしまった糸のよう。

歪んだ愛情と嫉妬と無関心と。
そしてあきらめと。

夫婦というものの絆は
千差万別なのだと思わせられる。

ぞくっとして、艶っぽくて
体の力を奪われるような感じもあり。

混沌とした人間模様を
ギリギリのところで仕上げる。

荒野ワールドです。


ベッドの下のNADAベッドの下のNADA
(2010/12)
井上 荒野

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
かの有名なボブ・マーリーの曲が
小説のタイトルになっています。

転職で、工場の事務員になった私と
そこで出会うさまざまな人々。

カラオケ嫌いな倉庫係の同僚。

そばにいるのにすれ違っていく
ニートの同棲相手。

派手さはないけれど、
繊細な感情の襞が表現されています。

この物語の核となるのは、
うすはりのガラスでできた小さな箱を
そっと、そっとつみあげていくような
片思い。

当の本人ですら気づかないうちに
恋は心に忍び込むのか

そんな時間の流れを
擬似体験できただけでも
すごく価値があることなんじゃないかな
と感じた一冊です。


泣かない女はいない (河出文庫)泣かない女はいない (河出文庫)
(2007/10)
長嶋 有

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
ふわっとしたタイトルでしょう?

そんなわけないじゃないですか。
角田光代ですよ。

家庭内の秘密は禁止、という
表向きは明るい京橋家4人の話。

そこに、おばあちゃん、お父さんの恋人、
家庭教師のミーナが複雑に絡んできます。

登場人物たちは、深い心の闇を抱えています。
こわいです。
ホラーテイストすら感じました。

物語の構成がすばらしく、
ぐんぐん引き込まれます。

中毒性あり。徹夜系です。

もし気に入ったら、映画もぜひ見てみてください。


空中庭園 (文春文庫)空中庭園 (文春文庫)
(2005/07/08)
角田 光代

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
常におもしろい本を探しているので
気になるんです。

他のひとが読んでいる本が。

カフェで隣あわせたひと
電車でつり革につかまっているひと

ねえ、何読んでるの?
その本おもしろい?

この台詞が、
今日はいい天気ですね
と同じくらいメジャーなレベルになってくれないかな?

ちなみに私は今、
伊坂幸太郎のモダンタイムスを
読んでます!


 
テーマ * 本に関すること ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
クールでかっこいい死神。

図書館で、ダ・ヴィンチの書評を読み
うわ、斬新!と思いました。
即予約です。

寿命を迎えたひとの7日前に
死神は派遣されてきます。

可にするか?見送りにするか?
ジャッジを下すのが彼らの仕事。

いろんな事情を抱えたひとたちと
死神との絡みが面白い。
そして、重い状況の中にも
きちんと光さす救いがあったりする。

個人的には
旅路を死神、が好きです。


死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
女の子が、大人になっていきます。
とても、特殊な環境の中で。

彼女のお母さんがとんでもないひとで
逃避行ような日々が続いていきます。

章立てで構成されているのですが
それぞれが、独立した色彩を持っています。

例えば
彼女が高校生のときはブルーグレー。
カフェで働いているときは穏やかな金色。

ある意味ゴージャス。
映画みたい。

なかなか、えぐってきます。
濃いです。

読みごたえありだと思います。


ファミリーポートレイト (講談社文庫)ファミリーポートレイト (講談社文庫)
(2011/11/15)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 涼虫の読書案内, all rights reserved.

涼虫(すずむし)

Author:涼虫(すずむし)

本の虫、涼虫が読書案内いたします。

本がお好きな方、読みたい本を探している
方のお役にたてると嬉しいです。
ときどき自由に書いてしまうことも
ありますが、どうぞおつきあいください。
リンクについてはご一報いただけると
幸いです。また、すべての画像、文章、
データの複製・転載をお断りいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

\ランキングに参加しています/

あ行の作家 (62)
明川哲也 (1)
朝倉かすみ (1)
安部公房 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石田千 (1)
伊藤たかみ (1)
絲山秋子 (9)
井上荒野 (9)
茨木のり子 (1)
江國香織 (14)
円城塔 (2)
小川洋子 (5)
小山田浩子 (5)
恩田陸 (7)
か行の作家 (35)
角田光代 (7)
金原ひとみ (1)
川上弘美 (14)
川上未映子 (5)
岸本佐知子 (2)
北村薫 (1)
木村紅美 (1)
窪美澄 (1)
栗田有起 (1)
小池昌代 (2)
さ行の作家 (11)
斎藤隆介 (1)
桜庭一樹 (5)
柴崎友香 (1)
島田雅彦 (2)
島本理生 (2)
白石一文 (3)
瀬戸内寂聴 (1)
た行の作家 (4)
谷川俊太郎 (2)
津村記久子 (2)
な行の作家 (18)
中上健次 (1)
中島らも (1)
中村文則 (2)
長嶋有 (8)
梨木香歩 (6)
西加奈子 (3)
能町みね子 (2)
は行の作家 (14)
林真理子 (1)
東直子 (3)
東野圭吾 (1)
平野啓一郎 (1)
藤野可織 (4)
辺見庸 (1)
穂村弘 (2)
堀江敏幸 (1)
ま行の作家 (57)
益田ミリ (1)
枡野浩一 (1)
町田康 (4)
三浦しをん (6)
みうらじゅん (1)
宮本輝 (2)
村上春樹 (30)
村上龍 (8)
本谷有希子 (1)
森絵都 (2)
森博嗣 (1)
や行の作家 (23)
山田詠美 (2)
山崎ナオコーラ (1)
山本文緒 (1)
吉田篤弘 (1)
柳美里 (1)
吉田修一 (1)
よしもとばなな (16)
未分類 (10)
ビジネス書 (20)
エッセイ・コラム (22)
コミック (7)
雑誌 (4)
涼虫の… (69)
コトノハ・リサーチ (36)
気分で、短編。 (19)
書店をめぐる (14)
読書について (50)
深海で待ち合わせ (5)
徒然 (128)
虹を渡る (17)
活字にしたい映画 (1)
スターバックスにて (12)
箱のなか★ (9)

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。