上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
美術の専門学校で知り合ったふたり、
19歳の学生みるめと39歳の美術講師
ユリの二年に渡る物語。

山崎ナオコーラが描く世界は
情報量の少ない絵画のようだと思う。
小説なのでもちろん文章で書かれている
のだけど、言外の空気ごと感じなければ
その場で起こっていることをすべて理解
することができない。

さらっと読んだらああ切ないね、恋だね
で終わってしまう。
それではつまらないから、感知できる
テンションのときにしか手に取らない。
だから再読の数は少ない。
ものすごく好きな割には。

ユリは髪がぼさぼさで肉付きもよく
丸顔で目は一重で唇はかさかさだ。

でも自分のファンタジーにぴったりな
形があるわけじゃなくて、ひとを好きに
なると、そこにある形に自分の心が
くい込むのだ。

みるめはそう思っている。
そういうふうにユリのことを想っている。

ユリは自分勝手だ。だけど自分を優しい
と思っている。その上夫もいる。
全部わかっているけれど、みるめは
自分の気持ちを全然止められない。

成り行き上、みるめとユリとユリの夫の
猪熊さんと3人で夕ご飯を食べながら
ビールが湧いてくる池の話をする。
うっかりみるめは猪熊さんに好意を
持ってしまう。

山崎ナオコーラは、恋を全然スイートに
描かない。
ラッピングフリーだ。

でも、だから人の心にぐっと刺さる。


人のセックスを笑うな (河出文庫)人のセックスを笑うな (河出文庫)
(2006/10/05)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る
 
スポンサーサイト
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

 

 
フリーペーパー、箱のなか最新号が
できました。
今回は露草色をテーマにしています。

編集後記として、ちまちま子さんと涼虫で
制作過程のあれこれをおしゃべりして
います。どうぞおつきあいくださいね。



今回の露草色、きれいなブルーなんです
けど、字面と色のイメージが取りにくくて
構想に結構時間がかかったんですよね。


わかります~。字面の格好良さに
決めちゃったけど、、(笑)
ごはん道はね、最初、スイカにしようと
思っていたんです。でも、仕上がって
みれば、わたあめになってました(笑)


夏の夜の、なにかに連れていかれそうな
感じ。お祭りの沿道ってああいう気配
ありますよね。自分がどこにいるかよく
わからない、みたいな。


うふふふ。
私は、頭の中劇場で上映されていたものを
字で書いただけなんです、、(笑)
夜か昼かの設定もよくわからないの(笑)
涼虫さんはどうでした?


私、読書案内は三回題材変えたんです。
最初はよしもとばななで、やっぱり森絵都
かなぁ、、と迷いながら書いていて、
どうもしっくりこなくて。


それで町田先生に。


そう。書いてて一番楽しかったの。
露、雫、水滴…でイメージしていったら
豪雨に行き着いちゃった。(笑)
先生への愛をここで消化したかったと
いうのもあります。
ショートストーリーのほうは、露と雫で
留まれたんですけどね。


はさみで迷いを切っちゃったんだ~。
今度そのはさみ貸してください(笑)


いま切りどきのが一個あるんでそれが
終わったら…なんて。
はさみという題材は初めから決まってたん
です。でもはさみと露をどうするんだ、
って。それと自分のなかで色々迷いが多い
時期でもあったんですよね。
で、全部投入しました。


書き物はそのときの自分のコンディション
がけっこう出ますよね。
温度とか湿度とかもかな?自分の周辺の
空気の感じ、、みたいなもの?


ふたり暮らしを読んだときもね、ああ…
って。ぼんやりしているときに核心に
届きそうになることってあります。
実は意識する前に身体のほうが知ってる
みたいなね。


今回は初めてゲストの方(stick boyさん)
に寄稿いただいて。
楽しかったですね~。


はい、色が重なるような感じで、厚みが
出ますよね。挿し色みたいな効果も。
ちま子さんと涼虫はわりとこういう空気
というのがあるから。


またどなたかに来てもらいましょうよ。
すごく若い方とか、ちょ~イケメンとか、、
顔が見えないけど、、面白いかも。


ふふ、いいですね。思春期の感性。
ちょ~イケメンですか?楽しそう!
重箱にも特別出演してもらわなくちゃ。


ふたりとも緊張しちゃって全然しゃべれ
ないかもね~(笑)


電子版はこちら
ダウンロードはこちら



 

 

 

 

 
今夜も屋外で飲んでいる。

用事があって立ち寄った町で小さな夏祭り
がやっていて、太鼓の音や屋台の呼び声に
誘われてぶらぶら歩く。焼鳥やお好み焼き
が焼ける匂いをくぐりぬける。赤い提灯が
風に揺れている。盆踊り会場では浴衣を
着た子どもたちが順番にお菓子をもらって
いる。

駅に向かおうとしたら、休暇中の同僚が
手を振りながらクラクションを鳴らした。

近所の同僚や出張中の仕事仲間がぱらぱら
と集まってくる。キャンプ用の机と椅子を
持ち込んでアスファルトに設営する。

夜空の下で飲むビールはなんて美味しい
のだろう。

今夜は風があって涼しすぎるくらいだ。
大きな炭火焼きチキンを買うために屋台の
行列に並ぶ。前に立つお母さんに抱かれた
赤ちゃんは眠そうにしながらこちらを
ぼんやりとみている。
目があったときにっこりしたら、彼は
大人みたいにふっと目をそらした。

今年の夏は楽しい。遊んでばかりいる。
夜が生き物みたいに親密だ。

もう少し、宙に浮かんだままでいたい。





 

 

 

 

 
北緯14度にあるセネガルという国に、
あの太鼓を聴きに行きたい。
作家、絲山秋子は二ヶ月の旅に出る。

セネガルは中央アフリカの西側に位置し
フランス語圏。現地語はウォルフ語。
治安が悪いため一人歩きはできず、
ガイドを雇う。
学生時代の留学で習得したフランス語を
辿々しく使いながら、徐々に土地の空気
に馴染むのを感じていく。

このエッセイは、絲山さん特有の低温の
タッチで描かれている。読んでいて心地
がいい。
アフリカの旅行記なのに、静かだ。

疲れてくるとフランス語の発音がうまく
できなくて悔しい、セネ飯は美味しくて
大好きだけれど身体が慣れなくてすぐに
お腹をこわす。いつのまにか思考回路が
フランス語になっていて、変な日本語を
使ってしまう。
いいことばかりではない。

けれど、日々冗談をいいながらガイドと
一緒に歩いたり、道端で煙草を買ったり
大勢でごはんを食べたりするうちに
少しずつ現地に友達が増えていく。
セネガル人は深い愛情に満ちていて
絲山さんの泣きポイントをついてくる。
(もちろん私も一緒に泣く)

彼女が神とあがめるアーティスト、
ドゥドゥ・ンジャエ・ローズの
太鼓演奏を流しながら読んでいた。

セネガルは一度滞在すると、どうしても
帰りたくなる場所らしい。
私も帰りたくなってしまった。
まだ一度も行っていないのに。


北緯14度 セネガルでの2ヵ月 (講談社文庫)北緯14度 セネガルでの2ヵ月 (講談社文庫)
(2013/04/12)
絲山 秋子

商品詳細を見る



 

 

 

 

 
下北沢B&Bで開催された読書会に参加
する。「橋本治の『恋愛論』を読む。」
をテーマに、編集者の仲俣暁生氏とAV
監督&文筆家の二村ヒトシ氏が対談する
というもの。

本書を事前に読了するというのが読書会
の参加条件で、何気なく読み始めたら
すごく面白くて本が付箋だらけに…

会場はぎっしり満員で、印象に残った
文章を書き出す事前アンケートを提出
する。厳選して3つだけ。

運よく一番前の席に座ると、二村さんは
私の目の前に座った。

トーク中盤、私が選んだ文章のひとつが
スクリーンに大写しにされる。二村さん
と仲俣さんは、ああ、これはね~…。と
感慨深げ。

『恋愛っていうものは「あなたが世界で
一番好きだ」ってことを絶対に言えない
状態から始まって、「世界できみが一番
好きだ」と言うところできっちり終る
もんだからね。』

これは片想いのことをいってるんだと
思うけれど、橋本治氏がしてきた
片想いの純度の高さを感じる。
本を置いて一度うずくまりたくなるほど
好きなフレーズ。

移動のため質疑応答までいられずに店を
出る。二村さんとは結局話せなかった。
でも至近距離で2時間見ていたら充分と
いう気もした。
あの色っぽさは尋常ではない。

この本は一度読み通して、2度目を読み
はじめるとさらに感動が深い。
陶酔力なんだよね、大事なのは。


恋愛論 完全版 (文庫ぎんが堂)恋愛論 完全版 (文庫ぎんが堂)
(2014/07/10)
橋本治

商品詳細を見る
 

 

 

 

 
今夜は猫写真家のstick boyさんをお迎えし
絲山秋子氏の短篇集「忘れられたワルツ」
収録の「葬式とオーロラ」について
おしゃべりしています。

s
物語の中に、試験管に入ったオーロラ、
というのが出てきますけど、
あれ、ドキドキしませんでした?


しましたよ~
主人公の男は恩師の葬儀に出席するために
真っ白な雪道をひたすら車で走る。
休憩で立ち寄ったサービスエリアで
トラック運転手の女に出会って、
そこでのやりとりが面白いんですよね。

s
そうそう。微妙にかみ合ってなくてね。
センシティブで人に立ち入られるのが
苦手な男と、ストレートに親切な女。


彼女はオーロラの装置を輸送するという
不思議な設定ですが、スタンプラリー
あるよ、とかシュウマイ美味しいよ、とか
本人自体は飾り気がなくてかわいい。

s
主人公は、彼女と接している間は
ずっと心を閉ざしているのだけれど、
葬式からの帰り道、スタンプラリーの
景品「黒部和牛しゃぶしゃぶセット」が
彼女に当たるといいな、と願う。
これ、いいですよね。
愛とか平和とか大きく掲げるものより
こういう具体的な小さな祈りのほうが
純度が高いな、と。


主人公は優しいんですよね。
考えてることは投げやりだったり屈折
してるんだけど、でも芯のところは。

s
駐車場で車に積もった雪を素手で掻き
落とすとき、先生の棺の冷たさを
想ったりね。
悼む…ってこういうことなんだなって。


あのシーンは映像を観ているようでした。
ゆっくりとコマ送りの。
彼はとっても繊細。
だからこそ全部まともに受け止めてたら
きつくて、色んなことをガードしちゃうん
でしょうね。
極めつけは、
「社会というものは胸が痛むものだ」
という彼の言葉。
女性の場合、痛んでてもしょうがないから
まあいいか、と流してしまって言葉に
残らない。
それをそのままの気持ちで、そっと置いて
あるところがね。違うな、と。

s
あれ、案外ざっくりとしてるんですね笑


あっ、バレましたね
読みながら、男性の目線で見える女性の
健全さや鈍感さをみていた気がします。
それはそれでいいものだな、と。(前向き)

s

この物語って真っ白く塗りつぶされた
世界じゃないですか。
はじめから終わりまで。
その中に人間の善良さ、が浮かびあがって
くるのを感じたんですよね。


うんうん、そうですね。
小さくて、きれいな光みたいなものを
感じましたよ。
あれは善良という光だったのか…

s
光までは感知したんですね、
あと一歩です。笑


う~ん、やっぱり男性の繊細さには
かなわないですね~


忘れられたワルツ忘れられたワルツ
(2013/04/26)
絲山 秋子

商品詳細を見る



 

 

 

 

 
この小説は映画化できないだろうなと
思っていた。
映画化されると知ってから、すぐに
キャストを確認した。どきどきした。

封切り直後に映画を観に行った。

冒頭、真冬の海の中から流氷によじ登り
うっすらと笑う少女の表情をみたとき
ぞっとして、手で口を覆った。
これからとんでもないものを観ようと
しているのではないかと思った。

父と娘は、血と罪とで繋がっていた。
そこにはあらゆる濃密な感情が
渦巻いていた。

誰かが誰かの神様になってしまうと
いう構図を見てしまった。
なにもかも一つはまずいよ…
親も子も男も女もすべて一緒くた
だなんて。

最後までその関係性に翻弄されて
頭の中に変な熱がこもったまま
ぐったりとして映画館を出た。

とにかく人のたくさんいるにぎやかな
場所で体勢を立て直そうと思った。
赤いソファーのあるカフェに入り、
席についてジンジャーエールを頼んだ。
テーブルには一輪、花が生けてあった。

それはさっきまで観ていたあの女に
よく似ていた。
逃れられないのだな、と思った。


小説の読書案内はこちら


私の男 (文春文庫)私の男 (文春文庫)
(2012/09/20)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

 

 

 

 

 
真夏の公園に行く。
大きな木々の間から風が吹き渡って行く。

遠くまで続く芝生の先を眺めながら、
七月より八月のほうが好きだなと思う。
多分、季節がまた動き出すからだろう。

鍼の先生は、七日からは暦の上では
秋だから夏野菜は火を通して、という。
そんなのまったく嘘みたいだと思う。
暑い。暑くて何も考えられない。
ただ思いつくままに話をしたり、夕暮れに
どこでビールを飲もうかとぼんやり思う
だけだ。

先週から、橋本治の恋愛論を少しずつ
読んでいる。

彼の初恋の相手は同級生の男の子で
ものすごく好きなんだけどプラトニックで
ありたくて、相手に何も告げないまま
ふたりだけの特別な世界を築こうとする。
でも相手には親友と解釈されてしまう。

いろんな愛があるよねぇ、と思う。
そういえばこの夏、黒ビールが好きに
なった。ふくよかで優しい女にまあるく
包まれているような飲みごこち…
あ、またビールの話。

芝生でヨガをしているひとがいる。
コーチにじっくりポーズをつけてもらって
いる。膝の角度は九十度、と思う。

あれはね、戦士の一番というポーズ、
と私がいう。
隣で返事をする彼は寛いだ顔をしている。




 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2014 涼虫の読書案内, all rights reserved.

涼虫(すずむし)

Author:涼虫(すずむし)

本の虫、涼虫が読書案内いたします。

本がお好きな方、読みたい本を探している
方のお役にたてると嬉しいです。
ときどき自由に書いてしまうことも
ありますが、どうぞおつきあいください。
リンクについてはご一報いただけると
幸いです。また、すべての画像、文章、
データの複製・転載をお断りいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

\ランキングに参加しています/

あ行の作家 (62)
明川哲也 (1)
朝倉かすみ (1)
安部公房 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石田千 (1)
伊藤たかみ (1)
絲山秋子 (9)
井上荒野 (9)
茨木のり子 (1)
江國香織 (14)
円城塔 (2)
小川洋子 (5)
小山田浩子 (5)
恩田陸 (7)
か行の作家 (35)
角田光代 (7)
金原ひとみ (1)
川上弘美 (14)
川上未映子 (5)
岸本佐知子 (2)
北村薫 (1)
木村紅美 (1)
窪美澄 (1)
栗田有起 (1)
小池昌代 (2)
さ行の作家 (11)
斎藤隆介 (1)
桜庭一樹 (5)
柴崎友香 (1)
島田雅彦 (2)
島本理生 (2)
白石一文 (3)
瀬戸内寂聴 (1)
た行の作家 (4)
谷川俊太郎 (2)
津村記久子 (2)
な行の作家 (18)
中上健次 (1)
中島らも (1)
中村文則 (2)
長嶋有 (8)
梨木香歩 (6)
西加奈子 (3)
能町みね子 (2)
は行の作家 (14)
林真理子 (1)
東直子 (3)
東野圭吾 (1)
平野啓一郎 (1)
藤野可織 (4)
辺見庸 (1)
穂村弘 (2)
堀江敏幸 (1)
ま行の作家 (57)
益田ミリ (1)
枡野浩一 (1)
町田康 (4)
三浦しをん (6)
みうらじゅん (1)
宮本輝 (2)
村上春樹 (30)
村上龍 (8)
本谷有希子 (1)
森絵都 (2)
森博嗣 (1)
や行の作家 (23)
山田詠美 (2)
山崎ナオコーラ (1)
山本文緒 (1)
吉田篤弘 (1)
柳美里 (1)
吉田修一 (1)
よしもとばなな (16)
未分類 (10)
ビジネス書 (20)
エッセイ・コラム (22)
コミック (7)
雑誌 (4)
涼虫の… (69)
コトノハ・リサーチ (36)
気分で、短編。 (19)
書店をめぐる (14)
読書について (50)
深海で待ち合わせ (5)
徒然 (128)
虹を渡る (17)
活字にしたい映画 (1)
スターバックスにて (12)
箱のなか★ (9)

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。