上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
いつのまにかしっくりと馴染んで、気持ちを
言葉で確かめ合うこともなく、ただ静かに
暮らし続けた相手を突然失うというのは
どれほどのことなのだろう。

主人公の果穂は、十年前につきあっていた
オサムの噂を友人のリッキーから聞く。

果穂とオサムはバイト先の西新宿のバーで
知り合って二年ばかりつきあっていたが
彼は突然失踪したのだ。

池袋のロマンス通りにある回転寿司屋の
厨房にいるらしいよ。

果穂は翌日の午後に寿司屋を訪れ、昔と
変わらぬ姿の彼をそこに見つける。
夜にまた来てくれる、上がれるから。
オサムはそう果穂に告げる。

果穂は広告代理店に勤め、グラフィック
デザイナーの昇と穏やかに暮らしている。
昇は果穂と出会った三年前から才能を開花
させ今は売れっ子だ。

一方で果穂はこの十年の間オサムの消息を
聞くたびにその地に赴き何日もかけて探し
まわった。オサムへの説明のつかない
気持ちを胸に、 果穂は指定された時間に
再び寿司屋を訪れる…

どうして自分の前から煙のようにいなく
なったのか、どうして自分はこのゆらゆら
と漂うように生きている二十も歳上の男に
とらわれ続けているのか。

その理由が持つ色彩は同じトーンだ。

育った環境も身を置く場所も全然違う、
けれど体の中に同じ音楽が流れるひと。

ふたりとも誰かを好きになると落ち込ん
じゃうタイプじゃない、
自分の相手への気持ちを信じきれないって
いうか。
リッキーの言葉が川面に浮かびあがって
は沈む。

もしかしてそういうひとと一緒にいるのは
少し哀しいことかもしれない。
それでも。



愛なんて嘘愛なんて嘘
(2014/08/22)
白石 一文

商品詳細を見る
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
先週テレビで偶然観た王様のブランチで
作家対談というコーナーをやっていた。
今日は後編。

作家は五名。川上未映子、中村文則、
西加奈子、和田竜、朝井リョウ。

なぜ小説を書くのか、という中学生の
質問に答えていく。
川上未映子は自分にその役目が回って
きているから、と言っていた。
西加奈子は自分が経験した感動を
物語に変換して書きたいと言っていた。
二人の本をいくつか読んでいるので
少しわかるような気がした。

朝井リョウが淡々と壮大な野心を語る中
(あっさりとした顔に似合わず)
西加奈子はニコニコ包み込むように
聴いていた。このひとかわいいな思う。
友達よりもっと親密で、あったかい。

中村文則は魔力的な小説が好きだと
いっていた。
わかるなあ…私もこれがほしい。
文章が、とか構成が、だけじゃなくて
物語に魔法をかけられる作家というのが
確かにいるのだ。角田光代とか。

彼の端正な顔立ち、静かでクレバーな
物言い、笑うとちょっと幼くなって、
でも全体を取り巻く薄い膜には孤独が
滲んでいる。

かっこよすぎる………
メディアで中村文則を観るたびに
いつも思う。
でも遠い、その遠さがいいな、とも。

見とれすぎて、彼がなぜ小説を書くのかを
聞き流してしまった。

番組が終わってから、中村文則の掏摸と
彼の推薦本、羽田圭介のメタモルフォシス
を図書館で予約する。

メタモルフォシス。
言葉の意味を調べたら、幻の水晶の
名前のようだ。



 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2014 涼虫の読書案内, all rights reserved.

涼虫(すずむし)

Author:涼虫(すずむし)

本の虫、涼虫が読書案内いたします。

本がお好きな方、読みたい本を探している
方のお役にたてると嬉しいです。
ときどき自由に書いてしまうことも
ありますが、どうぞおつきあいください。
リンクについてはご一報いただけると
幸いです。また、すべての画像、文章、
データの複製・転載をお断りいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

\ランキングに参加しています/

あ行の作家 (62)
明川哲也 (1)
朝倉かすみ (1)
安部公房 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石田千 (1)
伊藤たかみ (1)
絲山秋子 (9)
井上荒野 (9)
茨木のり子 (1)
江國香織 (14)
円城塔 (2)
小川洋子 (5)
小山田浩子 (5)
恩田陸 (7)
か行の作家 (35)
角田光代 (7)
金原ひとみ (1)
川上弘美 (14)
川上未映子 (5)
岸本佐知子 (2)
北村薫 (1)
木村紅美 (1)
窪美澄 (1)
栗田有起 (1)
小池昌代 (2)
さ行の作家 (11)
斎藤隆介 (1)
桜庭一樹 (5)
柴崎友香 (1)
島田雅彦 (2)
島本理生 (2)
白石一文 (3)
瀬戸内寂聴 (1)
た行の作家 (4)
谷川俊太郎 (2)
津村記久子 (2)
な行の作家 (18)
中上健次 (1)
中島らも (1)
中村文則 (2)
長嶋有 (8)
梨木香歩 (6)
西加奈子 (3)
能町みね子 (2)
は行の作家 (14)
林真理子 (1)
東直子 (3)
東野圭吾 (1)
平野啓一郎 (1)
藤野可織 (4)
辺見庸 (1)
穂村弘 (2)
堀江敏幸 (1)
ま行の作家 (57)
益田ミリ (1)
枡野浩一 (1)
町田康 (4)
三浦しをん (6)
みうらじゅん (1)
宮本輝 (2)
村上春樹 (30)
村上龍 (8)
本谷有希子 (1)
森絵都 (2)
森博嗣 (1)
や行の作家 (23)
山田詠美 (2)
山崎ナオコーラ (1)
山本文緒 (1)
吉田篤弘 (1)
柳美里 (1)
吉田修一 (1)
よしもとばなな (16)
未分類 (10)
ビジネス書 (20)
エッセイ・コラム (22)
コミック (7)
雑誌 (4)
涼虫の… (69)
コトノハ・リサーチ (36)
気分で、短編。 (19)
書店をめぐる (14)
読書について (50)
深海で待ち合わせ (5)
徒然 (128)
虹を渡る (17)
活字にしたい映画 (1)
スターバックスにて (12)
箱のなか★ (9)

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。