上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
咲の祖父母は、毎週土日になると
ことことと大量に煮込んだ豆スープを
近所のひとたちに無料で提供していた。

咲が15歳のときに両親は離婚し、
咲は母とともに父方の祖父母の家に
引き取られて暮らしはじめた。

銀座で店を構えるイタリア料理のシェフ
である父との生活は、華美で堅苦しく
小さな咲にとっては負担が重かった。

質素だけれど日々を丁寧に過ごす
善良な祖父母の元で、咲は次第に
元気を取り戻していった。

祖父母が亡くなってからも、
近所の人々からは豆スープを惜しみ、
再開を望む声が絶えなかった。
それは日々の楽しみであり、温かい心の
交流の場所でもあったから。

咲の母と、今は別の女性と暮らす父は、
自宅で一緒に豆スープの試作をはじめる…

「無料っていうのはとても残酷なこと
なんじゃないのか?」

これは咲の父がいう台詞なのだけど、
すごくわかるなあ…と思う。

豆スープのお礼として、物を置いて行く
ひとも少なからずいたようだけれど
一方的なことというのは、
非常に居心地が悪いものだと思う。

丁寧に作られた滋養たっぷりの豆スープは
ただのスープではない何かで、それを
受け取るというのはどういうことなのか。
感謝をどのような形に変換するか。
ひととしての器や力量が問われそう。

そして、父の台詞をもうひとつ。
「親が立派すぎると子供はダメになる」

うーん…と考えてしまう。
咲の父は、華やかな世界で出会った美しい
母と結婚したけれど、結局は祖母に似た
静かで地味で、内側からそっと光っている
ような女性を選んだ。

価値観というのは、実は人生の早い
段階から決まってしまうのかもしれない。
抗うことに意味はない、とは思わない
けれど。

じんわりと温かく優しい物語なのだけれど
なにか大きなものに試されているような
気持ちになったな…


さきちゃんたちの夜さきちゃんたちの夜
(2013/03/29)
よしもと ばなな

商品詳細を見る
スポンサーサイト
 
テーマ * オススメの本 ジャンル * 本・雑誌

 

 

Comment

 

確かに、う〜んと唸ってしまう小説でした。

>じんわりと温かく優しい物語なのだけれど
>なにか大きなものに試されているような
>気持ちになったな…

あっ、、わかります。
優しくて温かくて、、なんだけど、ちょっとだけ上から目線?な感じというか、、、
ごめんなさい〜、さらっと読んじゃったから、、そんな偉そうな事、言えないです〜〜

名前:ちまちま子 | 2014.03.09(日) 10:25 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

ちま子さん

コメントありがとうございます。

上から目線、という感じ方、面白いですね。
わかるような気がします。

私はこの物語を読みながら
もし私だったらお金でシンプルに交換したい
無料で一方的にもらうっていうのは
荷が重いんだよなあ…
とずーっと思っていました。笑

名前:涼虫(すずむし) | 2014.03.09(日) 21:48 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 涼虫の読書案内, all rights reserved.

涼虫(すずむし)

Author:涼虫(すずむし)

本の虫、涼虫が読書案内いたします。

本がお好きな方、読みたい本を探している
方のお役にたてると嬉しいです。
ときどき自由に書いてしまうことも
ありますが、どうぞおつきあいください。
リンクについてはご一報いただけると
幸いです。また、すべての画像、文章、
データの複製・転載をお断りいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

\ランキングに参加しています/

あ行の作家 (62)
明川哲也 (1)
朝倉かすみ (1)
安部公房 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石田千 (1)
伊藤たかみ (1)
絲山秋子 (9)
井上荒野 (9)
茨木のり子 (1)
江國香織 (14)
円城塔 (2)
小川洋子 (5)
小山田浩子 (5)
恩田陸 (7)
か行の作家 (35)
角田光代 (7)
金原ひとみ (1)
川上弘美 (14)
川上未映子 (5)
岸本佐知子 (2)
北村薫 (1)
木村紅美 (1)
窪美澄 (1)
栗田有起 (1)
小池昌代 (2)
さ行の作家 (11)
斎藤隆介 (1)
桜庭一樹 (5)
柴崎友香 (1)
島田雅彦 (2)
島本理生 (2)
白石一文 (3)
瀬戸内寂聴 (1)
た行の作家 (4)
谷川俊太郎 (2)
津村記久子 (2)
な行の作家 (18)
中上健次 (1)
中島らも (1)
中村文則 (2)
長嶋有 (8)
梨木香歩 (6)
西加奈子 (3)
能町みね子 (2)
は行の作家 (14)
林真理子 (1)
東直子 (3)
東野圭吾 (1)
平野啓一郎 (1)
藤野可織 (4)
辺見庸 (1)
穂村弘 (2)
堀江敏幸 (1)
ま行の作家 (57)
益田ミリ (1)
枡野浩一 (1)
町田康 (4)
三浦しをん (6)
みうらじゅん (1)
宮本輝 (2)
村上春樹 (30)
村上龍 (8)
本谷有希子 (1)
森絵都 (2)
森博嗣 (1)
や行の作家 (23)
山田詠美 (2)
山崎ナオコーラ (1)
山本文緒 (1)
吉田篤弘 (1)
柳美里 (1)
吉田修一 (1)
よしもとばなな (16)
未分類 (10)
ビジネス書 (20)
エッセイ・コラム (22)
コミック (7)
雑誌 (4)
涼虫の… (69)
コトノハ・リサーチ (36)
気分で、短編。 (19)
書店をめぐる (14)
読書について (50)
深海で待ち合わせ (5)
徒然 (128)
虹を渡る (17)
活字にしたい映画 (1)
スターバックスにて (12)
箱のなか★ (9)

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。