上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
渡会は腕のいい五十代の整形外科医で、
充実した日々を送っている。
休みの日にはスカッシュをし、女たちと
煮詰まることのないスマートな恋愛を
繰り返す。誰とも結婚する気はない。

彼自身、こんな風に浅瀬にとどまったまま
穏やかに暮らしていくと思っていた。
その彼が初めてひとりの女性に激しい
恋をした…

この物語は、渡会の知人である僕と
彼の秘書であるゲイの青年から語られる。

軽い恋愛はインテリアやファッションの
ような、いわゆる趣味、嗜みなんだろうな
と思う。自分好きの延長。
そこから一歩踏み込むと、世界は全く
違う顔を見せる。

誰かに本気で恋をすることに免疫がない
渡会は、ある深刻な状況に陥っていく。
極限に近づく姿が淡々と、かつ克明に
描かれる。

それを追いながら、恋の病と精神の病に
境はあるのか、と考えていた。
少し狂うのは楽しい、少しの負荷なら
気持ちいいのだ。
でも、それが一日24時間を支配するように
なったら手遅れかもしれない。
その頃にはもう、恋から自分を引き剥がせ
ない。癒着してしまった皮膚みたいに。

彼は幸せだったのだろうか、と考える。
幸せか幸せじゃないかなんて、もう
どうでもよかったのではないか。

彼の部屋なのに本人がいない。
自分なんてものはとっくに明け渡して
しまっているのだ。

読後、いいようのない脱力感が残る。
でも、もう一度頭から読み返したいと
思わせる。
どこがだろう…
私にも、わからない。


女のいない男たち女のいない男たち
(2014/04/18)
村上 春樹

商品詳細を見る

スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

今この本をちびりちびりと読んでいて、
ちょうど昨日「独立器官」を読み終えたところでした。

哀しい、すさまじい、でもそんなふうに人を愛することができるのはある意味すごいことだなぁと考えながら読みました。
私も読み終えた後、思わず冒頭に戻って読み返しちゃいました。
「自らの営みの非自然性に思い当たる時、事態は時として悲痛なあるいは喜劇的な局面を迎える」
なるほど、なるほど。

今までの作品に込められた一貫したメッセージなどもちらほら見受けられて、あぁこの人は自分の作品でこういうことを強く伝えたいのだな、と感じたのでした。

名前:みっちぇる | 2014.06.22(日) 15:57 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

みっちぇるさん

コメントありがとうございます。

ちょうど読んだばかりだったのですね。
私は読んでから記事を書くまでしばらく沈めて
おいたのですが、
音楽みたいだな、と思います。哀しい旋律の。

とても魅力のある物語ですよね。

名前:涼虫(すずむし) | 2014.06.23(月) 21:15 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 涼虫の読書案内, all rights reserved.

涼虫(すずむし)

Author:涼虫(すずむし)

本の虫、涼虫が読書案内いたします。

本がお好きな方、読みたい本を探している
方のお役にたてると嬉しいです。
ときどき自由に書いてしまうことも
ありますが、どうぞおつきあいください。
リンクについてはご一報いただけると
幸いです。また、すべての画像、文章、
データの複製・転載をお断りいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

\ランキングに参加しています/

あ行の作家 (62)
明川哲也 (1)
朝倉かすみ (1)
安部公房 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石田千 (1)
伊藤たかみ (1)
絲山秋子 (9)
井上荒野 (9)
茨木のり子 (1)
江國香織 (14)
円城塔 (2)
小川洋子 (5)
小山田浩子 (5)
恩田陸 (7)
か行の作家 (35)
角田光代 (7)
金原ひとみ (1)
川上弘美 (14)
川上未映子 (5)
岸本佐知子 (2)
北村薫 (1)
木村紅美 (1)
窪美澄 (1)
栗田有起 (1)
小池昌代 (2)
さ行の作家 (11)
斎藤隆介 (1)
桜庭一樹 (5)
柴崎友香 (1)
島田雅彦 (2)
島本理生 (2)
白石一文 (3)
瀬戸内寂聴 (1)
た行の作家 (4)
谷川俊太郎 (2)
津村記久子 (2)
な行の作家 (18)
中上健次 (1)
中島らも (1)
中村文則 (2)
長嶋有 (8)
梨木香歩 (6)
西加奈子 (3)
能町みね子 (2)
は行の作家 (14)
林真理子 (1)
東直子 (3)
東野圭吾 (1)
平野啓一郎 (1)
藤野可織 (4)
辺見庸 (1)
穂村弘 (2)
堀江敏幸 (1)
ま行の作家 (57)
益田ミリ (1)
枡野浩一 (1)
町田康 (4)
三浦しをん (6)
みうらじゅん (1)
宮本輝 (2)
村上春樹 (30)
村上龍 (8)
本谷有希子 (1)
森絵都 (2)
森博嗣 (1)
や行の作家 (23)
山田詠美 (2)
山崎ナオコーラ (1)
山本文緒 (1)
吉田篤弘 (1)
柳美里 (1)
吉田修一 (1)
よしもとばなな (16)
未分類 (10)
ビジネス書 (20)
エッセイ・コラム (22)
コミック (7)
雑誌 (4)
涼虫の… (69)
コトノハ・リサーチ (36)
気分で、短編。 (19)
書店をめぐる (14)
読書について (50)
深海で待ち合わせ (5)
徒然 (128)
虹を渡る (17)
活字にしたい映画 (1)
スターバックスにて (12)
箱のなか★ (9)

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。