上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
今夜は猫写真家、かつ大の津村記久子さん
ファンであるstick boyさんをお迎えし
川端康成賞受賞作「給水塔と亀」について
おしゃべりしています。
涼虫の読書案内記事はこちら



私ね、この短編を読み終わった直後、
しばらくうずくまって動けなかったん
です。感極まってしまって。

s
そうですか。うんうん。すごく穏やかで
いい小説ですよね。過ぎた事と、これから
始まる事の間のエアポケットに落ちた
ような一瞬。しがらみをほどいて一人
郷里にたどり着き、根を張ろうとする、
その動きの予兆を捉えたところで終わる
ところなんか…実に見事だなぁ、と。


道の先に小学生のときの記憶のまま、
海がちらっと見えるのとかね。
ああいうのって、心にとって一番の
滋養になる。
私、この物語は手のひらの中の幸せが
描かれていると思うんです。主人公の
初老の男は、自分の届く範囲の確かな
幸福をちゃんと見て、手にしている。
いい感じで力がぬけているというか。
幸福というのは遠くにあるキラキラした
ものではないんだな、と。

s
僕もね、津村さんの描く世界はものすごく
リアルで共感できるんです。地味でうだつ
のあがらない人々に目を向けながらも、
最後の瞬間には、ふわりとすくい上げて
くれる…まぁ、ものすごく高いところに
連れて行ってくれるというのではなく、
せいぜい床の上から机の上に移動させる
程度ですが(笑)
そういうところがこの作家の最大の魅力
だと思っています。


ふわりとすくい上げられましたよ。
もう、例えようもないくらいやわらかく。

s
いいでしょう?あのふわり感。


(激しく首を縦に振る)
私、津村さんは今まで特定のひとたちの
ためのリアル、を書いてきたように思うん
です。他の小説をいくつか読みましたが、
私にはピントがあっていなかったような…
ただ、今回は違ったんですよね。

s
確かにそうですね、この小説はいつもの
場所から少し足を踏み出して、もっと
普遍的な読者に歩み寄ろうとする試みを
感じます。そのために、敢えてソリッドに
噛み砕かずに書いてみた…そんな印象
なんです。


初めて枠内に入れた喜び…津村さんの
書くものは本当に繊細ですよね。心を
清めてから読まないと取りこぼして
しまいそう。

s
ふふ、津村さんの魅力に気づきましたね。
ようこそ。僕は今まで中編を読むことが
多かったんですが、短編にもこれだけの
奥行きを持たせることが出来るのだなぁ…
と感じ入りましたよ。


津村作品、もっと読んでみようかな。
なにかオススメありますか?

s
じゃあですね、涼虫さん。僕が一番
オススメしたいものは…(身を乗り出す)


stick boyさんのブログ
Blog Nowhere


新潮 2013年 06月号 [雑誌]新潮 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/07)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

すてき〜すてき〜ですね。
ブログを抜け出してのリアルおしゃべりって、それだけで素敵な物語になっている気がします♪

>床の上から机の上に移動させる

たしかに〜地上1、5センチ浮かんだ感じ、、(笑)

名前:ちまちま子 | 2014.06.11(水) 05:16 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

ちま子さん

コメントありがとうございます。

こういうふうに対談させてもらうと
趣味のおしゃべりって本当に楽しいなあと思います。

ちょっと浮かんだ感じを…味わうために
これから津村ワールドに潜入する予定です。


名前:涼虫(すずむし) | 2014.06.11(水) 22:48 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 涼虫の読書案内, all rights reserved.

涼虫(すずむし)

Author:涼虫(すずむし)

本の虫、涼虫が読書案内いたします。

本がお好きな方、読みたい本を探している
方のお役にたてると嬉しいです。
ときどき自由に書いてしまうことも
ありますが、どうぞおつきあいください。
リンクについてはご一報いただけると
幸いです。また、すべての画像、文章、
データの複製・転載をお断りいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

\ランキングに参加しています/

あ行の作家 (62)
明川哲也 (1)
朝倉かすみ (1)
安部公房 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石田千 (1)
伊藤たかみ (1)
絲山秋子 (9)
井上荒野 (9)
茨木のり子 (1)
江國香織 (14)
円城塔 (2)
小川洋子 (5)
小山田浩子 (5)
恩田陸 (7)
か行の作家 (35)
角田光代 (7)
金原ひとみ (1)
川上弘美 (14)
川上未映子 (5)
岸本佐知子 (2)
北村薫 (1)
木村紅美 (1)
窪美澄 (1)
栗田有起 (1)
小池昌代 (2)
さ行の作家 (11)
斎藤隆介 (1)
桜庭一樹 (5)
柴崎友香 (1)
島田雅彦 (2)
島本理生 (2)
白石一文 (3)
瀬戸内寂聴 (1)
た行の作家 (4)
谷川俊太郎 (2)
津村記久子 (2)
な行の作家 (18)
中上健次 (1)
中島らも (1)
中村文則 (2)
長嶋有 (8)
梨木香歩 (6)
西加奈子 (3)
能町みね子 (2)
は行の作家 (14)
林真理子 (1)
東直子 (3)
東野圭吾 (1)
平野啓一郎 (1)
藤野可織 (4)
辺見庸 (1)
穂村弘 (2)
堀江敏幸 (1)
ま行の作家 (57)
益田ミリ (1)
枡野浩一 (1)
町田康 (4)
三浦しをん (6)
みうらじゅん (1)
宮本輝 (2)
村上春樹 (30)
村上龍 (8)
本谷有希子 (1)
森絵都 (2)
森博嗣 (1)
や行の作家 (23)
山田詠美 (2)
山崎ナオコーラ (1)
山本文緒 (1)
吉田篤弘 (1)
柳美里 (1)
吉田修一 (1)
よしもとばなな (16)
未分類 (10)
ビジネス書 (20)
エッセイ・コラム (22)
コミック (7)
雑誌 (4)
涼虫の… (69)
コトノハ・リサーチ (36)
気分で、短編。 (19)
書店をめぐる (14)
読書について (50)
深海で待ち合わせ (5)
徒然 (128)
虹を渡る (17)
活字にしたい映画 (1)
スターバックスにて (12)
箱のなか★ (9)

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。